Selected Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Categories
Archives
Links
qrcode
↑ケータイで読む↑
<< なつかしいことひとまわり? | main | ぼくたちと駐在さんの700日戦争 >>
2010.09.01 Wed |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

応援! ブログ村ランキング
スポンサードリンク | - | - | - | TOPへ
2008.12.15 Mon 19:57 |
星の王子さま

評価:
サン=テグジュペリ
新潮社
¥ 500
(2006-03)
Amazonランキング: 4463位
Amazonおすすめ度:
大切なこと
読むに易く、奥は深い。
みずみずしい感性で
 60年もの時を越えてもなお,愛されて続けている,星の王子さま。っと。
子供のころ読んだことも多いでしょう,誰もが読んでいるだろうという作品でしょう。
けれど,私は,うーんとうなってしまった。
とにかく絵がかわいくて,この本は新訳だとのこと。
今このレビューを書こうとしたところ,こんなにたくさんのオリジナルと
こんなにたくさんの訳者さんがいらっしゃるということは,いろんな訳しかたや,解釈があるのでしょう。
その訳によっては,ずいぶんと印象が違うのでしょうね。。。
どうも胸にじーんとこなくって。
なんとなくいいんですが,私を揺るがすほどの感動がない。。。
大人になりすぎて,すっかり忘れてしまった感情なのでしょうかね。。。
違う訳も読んでみたいような気がしますが,
子供が読むには,この訳は難しいかも。
この訳だと,やっぱり大人向けなのかな。。。?

私の頭の中では,
「頭の真上に,星がある〜♪あれがーあれがぼくのーほしーだよー♪」
って歌の方がずっとインパクトあると思います。

奥が深い文なので,時々読み返してみようとは思います。
応援! ブログ村ランキング
tomo | おすすめのお話 | comments(0) | trackbacks(0) | TOPへ
2010.09.01 Wed |
スポンサーサイト
応援! ブログ村ランキング
スポンサードリンク | - | - | - | TOPへ

Comment
It comments.









Trackback URL of This Entry
トラックバック機能は終了しました。
Trackback

y-(^-^)-o