Selected Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Categories
Archives
Links
qrcode
↑ケータイで読む↑
<< 学習発表会 | main | どこまでも,美しくて〜♪ >>
2010.09.01 Wed |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

応援! ブログ村ランキング
スポンサードリンク | - | - | - | TOPへ
2008.10.30 Thu 18:42 | 昨年の記事
FINE DAYS

評価:
本多 孝好
祥伝社
¥ 630
(2006-07)
Amazonランキング: 43120位
Amazonおすすめ度:
店頭にあったレビューの感動と言う言葉に期待し過ぎてしまった所為かも知れません。
おおむね良い
多彩
 実はあまり期待していなかったのだけれど,読んだらはまってしまったかもという作品。
著者初の恋愛小説というので,どんなもんかと思って読んだ。
雰囲気的に,金子さんの作品と似ているタッチかな〜とも思った。
短編4編ですが,こんなにバラティにとんだいろんなものを作れるんだぁ〜と感心しました。
実は,結構ほろりとしてしまったのです。

第二編のイエスタディズってのは,今度映画化されます。
原作は,「あ〜,映画化されると,ぴったりな感じの日本映画になりそうだな」という印象です。
ありふれたものかもしれませんが,ちょっと解説なく読むと,意味がぼんやり感じられるかもしれません。
私は,理解してから,二度読んでみました。
するとかなり意味がわかり,ぐぅ〜と感動できたというわけです。
男女愛だけでなく,親子愛,夫婦愛も描かれてます。
短編ですが,よくできあがってます。

第三編はちょこっとぞぞ〜っとするような,恋愛なのか家族なのか兄弟なのか,いろいろな愛混じる話。ちょこっと長めにできてはいるものの。。。こわっ。これからどうなるんだ?というような,背筋が凍りそうな怖さがありました。
キャスティングがなかなか魅力的で,これも映像化したらおもしろそうだな・・・

最後は「シェード」
ひとつの素敵なシェードのおいてあった,中古家具やさんにいた,老婆なる人が語り,主人公の男性がそれを聞くというような形で,続いていく作品。
これも登場人物が少なくてすむので,オムニバスとしての映像化もおもしろそう。
なんせ,設定がクリスマスなので,これからは,大いに盛り上がるテーマでしょう。
そして,こういう書き方は,非常に想像力を高めてくれます。
いろんな映像を想像しているうちに,かなり感情移入でき,最後にはほろっときてしまいました。

第一編は表題作ですが,なにやら,明るめではない,ヘビーなものが根底にありました。
学生時代が舞台になっていますが,最後の方で,大人になったとき,感じた一節が「ずーん」と重く残るとともに,青春時代を感じる,ほろにが系でした。。。

結構はまってしまいまして時間かけて読みました。
男性の著者は,やはりロマンティックで,女性と観点が違って,これまた面白いですね^^
応援! ブログ村ランキング
tomo | おすすめのお話 | comments(21) | trackbacks(1) | TOPへ
2010.09.01 Wed |
スポンサーサイト
応援! ブログ村ランキング
スポンサードリンク | - | - | - | TOPへ

Comment
こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
藍色 | 2010/08/14 2:05 AM | TOPへ
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2010/09/13 12:58 AM | TOPへ
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2010/09/19 4:02 PM | TOPへ
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2010/10/09 1:10 PM | TOPへ
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2010/10/16 12:16 PM | TOPへ
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2010/11/01 5:31 AM | TOPへ
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2010/11/22 7:56 PM | TOPへ
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2010/12/03 7:38 PM | TOPへ
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2010/12/07 12:31 PM | TOPへ
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2010/12/11 10:43 PM | TOPへ
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2010/12/16 5:13 PM | TOPへ
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2010/12/19 12:33 AM | TOPへ
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2010/12/23 4:00 PM | TOPへ
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2010/12/27 9:09 PM | TOPへ
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2010/12/28 12:38 AM | TOPへ
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2011/01/02 2:22 AM | TOPへ
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2011/01/08 7:35 AM | TOPへ
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2011/01/13 11:56 PM | TOPへ
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2011/02/23 4:28 PM | TOPへ
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2011/06/12 11:41 PM | TOPへ
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2011/08/27 5:18 AM | TOPへ
It comments.









Trackback URL of This Entry
トラックバック機能は終了しました。
Trackback
死の床にある父親から、僕は三十五年前に別れた元恋人を捜すように頼まれた。 手がかりは若かりし頃の彼女の画。僕は大学に通う傍ら、彼らが...
粋な提案 * 2010/08/14 2:02 AM | TOPへ

y-(^-^)-o